英語脳にこだわらなくても英語話せる!

英語脳にこだわらなくても英語は話せる
【SEC英会話スクール】三重県桑名市筒尾1-13-29 tel:0594-32-5048

英語をイメージで伝え、感じる

1. 英語脳は回り道??

「英語は英語で理解しなきゃ」と考えて苦労している人へ

突然ですが、英語を上手に話している人の脳の動きってどうなってるかご存じですか?

英語を英語で理解してるのか?

それとも日本語を介して英語を操っているのか?

まず英語を英語で理解しているのは、おそらく帰国子女の方々が代表なのではないでしょうか?

私のようなコテコテの日本人で、しかもたいして英語が得意でなかった部類の人間は、多少なりとも日本語を利用して話しているときがあります。

通訳や翻訳を生業としている友達に尋ねても、やはり日本語を全く無視して英語を理解することはないようです。

しかし、決して日本語を直接、英語に置き換えて話したり、聞いたりしている訳ではありません。

非常に説明しにくいのですが、日本語の伝えたい内容をイメージ化して、それを英語にしています。

また英語を聞くときも聞こえてきた音をイメージ化して理解しています。

例えば「pen」 とか「window」みたいな語なら、その物体のイメージを思い浮かべた後、英語にします。

聞くときも同じです。 「pen」 とか「window」という語にすでに正確で深いイメージが「貼りついて」いるので、その語を聞いたり見たりしたら、即、それらのイメージが「絵」のように浮かぶからです。

そのため「英語を英語で理解する」と言うよりも、「英語をイメージで伝え、感じる」という表現のほうかふさわしいかもしれません。

ですから、「英語脳を作ろう」といろいろな所で叫ばれていますが、英語脳が作れなくても十分に英語を操ることはできますよ。

同時通訳のレベルの人間まで英語を直接英語では理解してないんですから。

彼らも最初は「日本語で発想」するやり方からスタートし、そのうえでだんだんと「英語だけでの発想」が可能になっていき、現レベルに到達しています。

実際に通訳学校でも多くの時間を日本語から英語に訳す練習に割いて、彼らも実践的な英語力を身につけています。

いずれにしても、日本語を母国語とする私達にとって、しかも英語とは大きくかけ離れた言語体系であるその日本語を使って普段の生活を営んでいくという現状のなかで、特に、英語の学習を始めてまだ日の浅い、初・中級者の段階から、それほど頑なに「英語は何が何でも英語だけで」という方法にこだわって苦労する必要性はないと思うのです。

2. ではきちんと相手に伝わる英語を話すためにまず何をすべきか?

そうは言っても、私も留学経験を基に、 「英語を話すときには日本語から訳すのではなく、英語だけで発想しなくてはいけない」 と強く思い込んでいました。

でも、それは「留学」という、周りの環境が英語オンリーで展開している日常の中だからこそ可能な考え方なのであって日本という、それとは全く正反対な環境しかないこの国の中では、ほとんど不可能に近いことだということに気づいたんです。

ある時、外国人に日本語を教えようと解説を試みると、その内容を英訳できないために、全く言いたいことが伝わらないのです。

当たり前なのですが、「日本語をきちんと英語に訳すことができなければ、話せるようにならない」とこの時気づきました。

それからは、選り好みすることなく、1日30分程度ですが通勤時間を利用して英訳することを始めました。

この時、心がけたことが二つあります。

一つは、必ず、 【完結した文を作る】 ようにしたことです。 そうしないと単に単語を並べて、なんとなく言いたいことを表現できた様な気分に浸ってしまい、いつまでも単語の羅列で、きちんとした文で話すことができないからです。

そして、英訳する時に心がけた二つ目のポイントは、【スピードを意識して文を作る】ことです。

皆さんの中には、 「和文英訳ならある程度できるけど全然しゃべれないんだけど・・・」 という方もいるかもしれません。

話すときは、相手はこっちが文をきちんと完成させるまで、待ってはくれません。

その点、一人で英訳しているときはでは何度でも文章を完璧にするまでじっくりと考え抜くことができますよね。

この「じっくり」と時間を取って考える習慣が「話す」際の大きな障害となり、たとえ和訳がある程度できても、スラスラと話すことができなくなります。

ですので、英訳をする時には、スピードを意識して文章を作ることも非常に大切な要素となります。

3. 今さらながら、和文英訳って?

英語の特徴である、「話し言葉と書き言葉が類似している」点に着目すると、話すことと書くことの頭の中のメカニズムはほとんど同じなので、「言いたいことが英訳できれば、後はそれを口に出せばよいだけ」というように、和文英訳は、本当に効果があがる方法なのですが、和文英訳のイメージって悪いですよね。

私の場合は、義務教育時代の中間・期末テストを思い出してしまいます。 それと和文英訳の練習は、「これを英語で伝えるにはどうすればいいのか?」を考えるのが基本なので、とっても疲れるんです。

とにかくアウトプットの練習は大変なんです。

上の例では、通勤時に片っ端から英訳した内容をノートに書いたりしていました。

しかし、実際には大変すぎて続かず、私がやり始めたのは、書くことではなくて、頭の中で英訳することでした。 これは英語を書いていた時と変わらない効果を保ち、しかも手軽に練習できる方法として重宝していました。

その結果、徐々に正確に自分の伝えたいことを英語でどう表現すればよいかが瞬時に思いつくようになっていきました。

(半年後には、かなり自分の英訳に自信を持つことができるようになりました。) 私の事例だけでは何とも説得力に欠けるので、またも私の生徒に試して貰った結果、「自分の言葉で英語が話せるようになってきた」と言う感想をいただいています。

自分の表現力をもっともっと増やしたい人にはお薦めのやり方ですよ。

その他お役立ち情報

■公式サイト【英語リスニング力UPの意外な方法!!】

http://www.se-c.com/

主な内容:リスニング力を3ヶ月で伸ばさなければならない人のために いろいろな角度からリスニング力の養成法について掲載。

今英語が苦手な人は、私の英語ができなかった時代のプロフィールを 綴った「アメリカ留学体験記」を一読ください。きっと勇気がでますよ!

■SEC式英語教材【英語筋力増!教材】

http://www.se-c.com/text/index.html

教材構成:独自のアクティブリスニングトレーニングを用いて、 訳し上げ英語を理解する、日本人の英語を聴く際の悪い癖を矯正し、 英語を英語のまますばやく理解する「英語即解脳」を養成する教材。

■ブログ【UncleヒロのSunshineな英語講師美味生活】

http://ameblo.jp/sec-school55/

ブログでは、英語上達ネタから受講生とのやり取り、そして英語の苦手な人をゼロにするための活動などについて書いています。

現在、多忙な人が効率よくスピーディに語彙を増強できる「一石四鳥TOEIC語彙芋づる式4倍増強トレ」も掲載中です。是非、チェックしてください。

■ブログ【SEC英会話スクール スタッフのブログ】

http://ameblo.jp/sec-english-staff/

英語を上達させたい! 「ビジネス」「受験」「教養」「職業」のために!!! 熱血英語講師「ヒロ水越」と「レイチェル水越」(オーストラリア人)が運営している英会話スクールのスタッフブログです。宜しければ、チェックしてください。